2016-08

日亜ふるさと振興財団

これまであまり表に出さない方がいいのかと思って,ネイチャーセンターの和式トイレを洋式に改修した・・という話を紹介せずに来ました。それは日亜化学工業株式会社の日亜ふるさと振興財団からの助成金をいただいていることを勝手にこちらが紹介してもいいのかどうかが分からなかったことがあります。
しかし,ほぼ事業も終了が近づいて,向こうに事業実施報告をする時期にもなってきているので,やはりここは皆さんに一度紹介しておきたいと思って書いています。

ネイチャーセンターとキャンプ場,つまり徳島県立佐那河内いきものふれあいの里の設備は24年前の開所以来ほとんど変わっていません。特に当時はあまりなかったのか,トイレが男女ともすべて和式であるということで,その使いにくさは利用者からの苦情にもつながっていました。
そこで,日亜のふるさと振興財団の助成を申請したのですが,今年度,その助成が認められ,センターのトイレの男女とも1個ずつを洋式の洗浄機付きに変更することができました。
トイレ1 トイレ3

当然、利用者も大喜びで,使いやすくなったし,清潔であるという声が寄せられています。
日亜ふるさと振興財団のおかげであり,トイレの入り口には,当然この事業のことを紹介するべきということで,パネルを付けさせていただきました。
トイレ2

さて,こんなにきれいになって見ると,センターよりもキャンプ場の方がもっと切実だったかもしれないと悩んでいるところです。

キイロスズメバチ

コメントがどんどん増えて来ましたので,新しいネタを・・

センターの展示室外側のひさしの下にキイロスズメバチがせっせと巣作り中です。
まあ害もない高さなので,そのまま放置してあるのですが,じっと見ていると巣全体としての活動力のすごさを感じます。どんどん外から幼虫の餌を持ち帰り,すぐにまた出て行く,働きバチの活動はとにかく今は巣作り組と餌とり組が必死に働いています。
kiiro1.jpg kiiro2.jpg

巣はどんどん大きくなるし,この付近のたくさんの虫たちが幼虫の餌になっていることでしょう。
あと2ヶ月くらいはこの動きは続きますので,それぞれのお宅に巣がある場合にはむやみに近づかないようにしましょう。

悪い奴ら

できの悪いオジさんは別として,世の中,いろいろな悪いやつがいて,この前帰った鹿児島でこれまでいなかった変なカメムシが、ゴーヤの大害虫になる怖いやつだと気がつきました。
asibiro1.jpg アシビロ2
こいつはアシビロヘリカメムシというもので,もともとは奄美大島くらいから南にしかいないものでしたが,どんどん北上してきています。実はもう四国にも入り込んでいて,高知県はあちこちにいるようです。
徳島県ではまだ見つかっていませんが,おそらく侵入は時間の問題でしょう。

これがゴーヤの大害虫になり,ヘチマやキュウリなどにつくということで,入ったら大問題ですね。虫屋はかっこいい虫という事で,喜んでいましたが,これは危ない虫です・・

もう一つは、これももうすでに20年くらい前から定着してしまったけど,元々は南方のものだったキオビエダシャクという蛾の一種です。これももともと鹿児島県本土にはいなかったものですが、幼虫がイヌマキの葉を食べるため,植木の移動で卵や幼虫が、車について成虫が運ばれたりすると、もっと北上することは考えられる虫です。昼間も飛び回りますが,夕方になると動きはかなり速く,今年はたくさんの成虫が飛び回っていました。
 幼虫が集団でイヌマキの葉を食べると枯れてしまうことも多く,垣根にイヌマキが多い鹿児島県としてはいろいろな対策をとっているようですが,農薬では各家のものまですべてを管理できませんし,冬がかなり寒くても全滅しないようでなかなか消えません。それほど暖かくなってしまったという事なのですね。こんな虫が入ってこないように,注意したいものです。
kiobi1.jpg kiobi2.jpg

すべらない話

ガラにもなくすねる年寄りがいるものだから,急いでネタを書かねばならぬ・・と・・
7月29日,なんとセンターに上がると霧か小雨か・・何ともひどい話.下界は薄日も差していたのに・・
この日はキャンプ場の下の池にかかる木の橋が。雨の時すべって非常に危険!・・というのから始まった人工芝貼り付け作戦の日であった.なのによーなぜに雨降るーになってしまった.
それでも9時半集合の号令がかかっていた友の会のアレホレT中,S山,フクワウチ,まだアレホレいわないT中,I延,K崎さんはちゃんと集合してくれて,まずはキャンプ場下の池の橋をキャンプ場のY田,T口さんを中心に頑張ります.
siba1.jpg shiba2.jpg
まっすぐ16m,これはまっすぐでとにかく滑らないでね・・のセッティング.

続いては,小雨が強くなってきたけど,やるぞーというアレホレさんとS山さんの勢いで,センター上の,それこそ雨の日にはここの橋ほど危ない場所はないという橋の所.すでに山歩きの好きなT川さんがコメントを書いて下さっているが,ここはホントによく滑って危ないところでした.
shiba3.jpg shiba4.jpg
shiba5.jpg shiba6.jpg

ここは何本か橋が続いていて,しかも途中で曲がっているのです.だから最初にI延さんとK崎さんが橋の木の隙間にたまったごみを竹箒で取り除きます.そこにアレホレとなにもないT中,S山,フクワウチ始めキャンプ場のT口さんなどなどが釘を打つ・・・これで,一番滑りやすそうな所は貼り付け終えました.後の橋が2箇所・・まだやるべきでしょうねー
雨の中,本当に皆さま,ありがとうございました.

水生昆虫の観察

7月17日,朝宮神社の少し上の園瀬川で水生昆虫の観察会を行いました。
初めは佐那の里の下あたりでやってみようかと思っていましたが,下見に行くとあまり種数が多くないようだったので急遽,上流側でやってみました。
こどもたちはやる気満々で,初めから濡れる覚悟で入っており,あまり虫は多くはないという状態ながらも,トビケラ,カワゲラ,コヤマトンボのヤゴなど結構いろいろなものがいたようです。
1.jpg suisei2.jpg
suisei3.jpg 4.jpg

この付近は佐那河内村でも結構上流にあたるかと思いましたが,トビケラが非常に多く,カワゲラなどの上流部にすむような虫はまだまだ上の方に行かないと見られないのかもしれません。
写真はS山さんが撮影して下さったものです。



«  | ホーム |  »

プロフィール

ネイチャーセンター

Author:ネイチャーセンター
徳島県立佐那河内いきものふれあいの里は,指導スタッフが常駐し展示スペースのある「ネイチャーセンター」,大自然の中で宿泊できる「キャンプ場」,.野鳥や動植物の観察ができる「7つの観察路」からなる総合施設です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (251)
日々の記録 (2)
イベント報告 (0)
次のイベント (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR